東海道・山陽三十五次(はてな)

鉄道写真撮ったりウソ電作ったりイラスト描いたりするブログです。

4/28[1]:バリアフリー化完了の湘南モノレール富士見町駅 (新駅舎内外の様子)

湘南モノレール富士見町駅では、2016年から順次、バリアフリー化工事が行われていました。
先行的に上り(大船方面)ホームへエレベータが設置されていましたが、今年3月下旬に下り(江の島方面)ホームへもエレベータ設置が完了しています。

完成から1か月遅れではありますが、下りホームの新駅舎(バリアフリー対応)を見てきましたのでご報告。併せて上りホームエレベータ部分の様子も見に行っています。

訪問日 : 2019-4-28

新駅舎外観

駅舎の外観(北側から)
こちらが下りホーム新駅舎。
下りホームの工事では、エレベータと合わせて階段も新駅舎内に作られており、旧駅舎(?)の階段部分は閉鎖されています。旧駅舎については後述。

駅舎の側壁面と空き地
駅の南西側から見た様子。壁は黒色で、リニューアル後の大船駅改札部にも似たシンプルなデザインになっています。
下り新駅舎は駅東側の土地に作られていますが、この土地にはまだ他に何か建つ予定があるようで、地上1階建の建築予定図が掲示されていました。

駅舎の入口
駅舎入口。ゲートの部分のみ白く塗られており、入ってすぐのところにIC用簡易改札機が立てられています。

1階内部

きっぷうりばとエレベータ
1階、きっぷうりばとエレベータがある部分。
券売機が入れるスペースは2箇所あるようですが、撮影時点ではICチャージ機の配置が無く、通常の券売機(ICチャージ不可)のみ使える状態でした。

IC簡易改札機と天井モニタ
天井には出口側に向けてモニタが設置されており、宣伝映像や現在時刻などが表示されていました。

きっぷ入れの箱
隅にはきっぷ入れの箱が取り付けられています。結構使いこまれた跡がありますが、どこかから移設してきたのでしょうか?

階段の降り口と窓
階段下には大きな窓。東側の壁ですので、朝陽が明るく差し込んできそうです。

階段
階段は黒で、壁は白に、天井は淡い緑色に塗られています。
階段下にはSTAFF ONLYと書かれた扉があります。

出口とエレベーター
階段付近から出口側を見るとこんな感じ。

階段付近の吹き抜け部
階段踊り場から撮影。階段付近は吹き抜け構造になっています。

2階内部

2階の室内
パンフレットスタンドとベンチ
2階室内の様子。エレベータ降り口と階段のほかに、パンフレットスタンドやベンチなどが設置されています。

ホーム入口
ホームと駅舎の接続部分
元々ホームにあった壁の一部が取り壊され、新駅舎の開口部と繋げられています。

スタンプ台
下り新駅舎の開業を記念した駅スタンプ。新駅舎のほかに、当駅北側にある門型橋脚と大船観音がまとめられた図柄です。

エレベータ脇の空間
エレベータ脇には謎の空間があります。エレベータの点検用スペースか、あるいはイベント用なのか…