東海道・山陽三十五次(はてな)

鉄道写真撮ったりウソ電作ったりイラスト描いたりするブログです。

4/28[2]:バリアフリー化完了の湘南モノレール富士見町駅 (下り旧駅舎・上り増築部の様子, 案内サインの更新)

[1]:新駅舎内外の様子

訪問日 : 2019-4-28

下り旧駅舎(階段部)の様子

旧駅舎の正面
こちらが下りホームの旧駅舎。階段付き通路といった感じのつくり。
既に駅名看板は外されており、入口がフェンスで塞がれています。

旧駅舎の内部
内部のようす。2~3つほど掲示物が外されたような跡がありますが、手前に見える振替輸送のポスターをはじめ、まだ多くが残存しています。
照明灯具は外されている様子。

旧駅舎の東側
東側から見た様子。写真左側にホームがあり、その端から通路を伸ばして階段までを繋いでいます。

ホーム・線路の結合部
ホームと通路の接続部分。裏側には複雑な配線が張り巡らされています。

階段部分の拡大
こちらは階段部分。柱の間の狭いスペースに自動販売機がぴったり収まっているのが面白いですね。

駅舎の北側
駅舎北側の様子。階段踊り場部分の下に窓が付いた部屋がありますが、これは変電設備室のようです。

駅舎と駐車場
車道の反対側にわたって駅舎の北側を。
壁に換気扇がある辺りには、券売機が置かれていた…ように記憶しています。

駅舎と変電設備室
横断歩道と駅舎
こちらも車道の反対側から、先ほどの写真よりも上りホームに近付いた位置で撮影。
変電設備室の壁のうち、下から数十cmほどの高さまでが分厚く補強されているようです。自動車が衝突した場合に変電設備を守るためでしょうか。

ホーム側に取り付けられたフェンス
ホーム側にもフェンスが設置され、黄色い点字ブロックも撤去されていました。

ホーム端のきっぷ入れ
ホーム端部の様子。灰色の袋に包まれているのは、旧駅舎の現役時代に使われていたきっぷ入れです。

上りホーム エレベータ部

こちらは一足先、2017年にバリアフリー化が完了しています。

上りホーム増築部
上りホームでは既設の階段がそのまま残されており、増築部分にはエレベータのみが設置されています。

エレベータ前の様子
エレベータ前のスペースに、LED案内表示器、駅構内図、時刻表などがコンパクトに配置されています。

案内サイン類

運賃表と時刻表、旅客案内
駅1階案内図
駅2階案内図
下り新駅舎内の案内用サインは、リニューアル済みの他駅と同様、イラスト背景のものに一新されました。
やはり各サインで異なるイラストが背景に使われています。江の島駅よりも大船駅と共通のイラストが多め?

出口案内(黄緑色タイプ)
出口案内(水色タイプ)
下りホーム、新設された出口案内。
表面裏面でイラストが違うという細かい作り分けが楽しいですね。

横型駅名標(昼間の住宅街)
横型駅名標(夕方の街と川)と旧デザイン駅名標
イラスト仕様の駅名標は、横型タイプが2種類設置されていました。
縦型タイプのものは旧デザインのまま残っており、大船側では新旧デザインの駅名標が並んで存在しています。