東海道・山陽三十五次

鉄道写真を撮ったり、ウソ電作ったり、イラスト描いたりするブログです。

PC版A列車新作 12月15日発売『みんなのA列車で行こうPC』

あれから2か月半。

なんと、『また』動きがありました。






またまた要約しますね。
  • 「だれでも安心して楽しめる」「ノートパソコンでも動く」
  • ニンテンドー3DS版『A列車で行こう3D』をベースのPC版新作
  • 画面表示範囲はウィンドウサイズにあわせて調節可能、ズームイン/アウトも
  • サテライト&カレンダー、情報、3Dカメラ、会話ログの各ウインドウが独立
  • ドット絵を一新、解像度が3DS版比4倍
  • 倒産してもプレイ続行可能な「フリーモード」
  • 自作シナリオ・ライバルデータの交換機能搭載
  • 新規シナリオ3種追加

開発中のコンパス画面のスクリーンショットを見た感じだと、表示範囲の角度が変わっているように見えます。
イメージ 1

この画像は3DS版の「A列車で行こう」の画像ですが、これを、公式サイトこのページ 「快適に遊べるインターフェース」の「サテライト&カレンダー」の画像と比べてみてください。
3DS版スクリーンショットにあるピンクの長方形が PC版では一回り大きな黒い長方形になっていますが、
その角度が変わっています。左向きに15度くらい傾いているのでしょうか?

視点の高さ、街を見る角度が変わっている可能性がありますね。




NEOが出て終わりかと思いきや、こんな動きがあるとは…
大興奮してぶるぶる震えております。

3DSは携帯型ゲーム機です。小さくて、性能には限界があります。
イメージ 2

しかし、PCで遊べるのであれば、大画面でマップを広く把握しながらサクサクと遊べますよね。PC版のドット絵A列車の新作が出ないかなーというのはずっと思っていました。

するとここにきてPC版へのリメイク(?)発表。まさかと思いましたがちゃんと公式サイトもあるしニュースサイトにも記事が出てるし、夢ではない。
本当に嬉しいですね。


3DS版で作成したマップデータをPC版に移行できるのかが気になりますが、果たして…?