東海道・山陽三十五次(はてな)

鉄道写真撮ったりウソ電作ったりイラスト描いたりするブログです。

5/25:相鉄西谷駅[2] 直通線工事の様子(西谷駅1・2番のりば)

[1] 直通線工事の様子(駅外・引上げ線)

訪問日: 2019-05-25
便宜上、都心方面は「羽沢方面」、相鉄海老名・湘南台方面は「二俣川方面」と表記します。

ホームの様子

西谷駅の駅名標
ここからは駅構内から様子を確認。

ホームドア設置準備がされた2・3番線
本線として使われている2・3番線。

陽の加減で分かりにくくなっていますが、2・3番線ともにホーム端の縞タイルが規則的に無くなっています。
ホームドア設置の準備も並行して進められている様子。

使用停止中の1番線
こちらは1番線。工事のため使用停止中で、直通線の二俣川方面の線路に接続されています。
フェンスは人の背を超える高さですが、いくつか柵の向こう側を覗ける箇所があり、そこから資材などが置かれている様子を撮影できました。

二俣川寄り

簡易的な柵付きの1・2番のりばの二俣川寄り
1・2番線の二俣川寄り。
この辺りでは工事現場とを仕切る柵が腰の高さ程度になり、パイプが組まれた簡易的なものに変わります。

1番線の真新しい線路
1番線の線路の様子。白っぽくて真新しいバラストと枕木が目立ちます。
上を通っているのは東海道新幹線の高架橋。

引上げ線と信号機と歩道橋
引上げ線と線路配線
ホーム先端から引上げ線側の様子を撮影。
1・2番線のどちらからでも引上げ線に入ることができ、引上げ線から3・4番線のどちらにへも入ることができる配線です。

西谷1号踏切の跡
先述の西谷1号踏切跡。

カバーで覆われた入換信号機
入換信号機は、1番線のもの以外は全てカバーで覆われていました。
1番線のものはカバーで覆われてはいないものの、通電されていないようでした。

ホーム中ほど

1番線中ほどのゲート
1番線の中ほどには、沿道からの機材搬入などに使っていたのではないかと思われるゲートがありました。

エレベーターとフェンス
1・2番線のエレベーター付近。ホームの1番線側は緑色のフェンスで覆い隠されています。

羽沢寄り

1・2番線のフェンスに設けられた広告スペース
先ほどとは反対側、羽沢寄りまで移動。
1番線側を仕切るフェンスにはいくつか広告スペースが設けられており、併せて工事に関係する掲示も行われています。

羽沢側先端の工事現場
ホーム先の線路上には、作業用の車を移動させるためと思われる板が敷いてありました。

1番線に続くトンネル部分
1番線に続く二俣川方面線のトンネル部分。
いくつか資材が置かれていますが、架線は張られていて今にも列車が走れそうな具合です。

工事現場の脇を走る8000系快速
工事現場の脇を、湘南台行きの快速が通過。

カーテンのようなものや配線が並ぶ1番線
ホーム羽沢方先端から1番線の様子を撮影。
(ホーム先端部分だけフェンスの位置がずれているので、そこから撮影)

「二俣川」「大和」などの駅名が並ぶ、案内サインが残されているのが見えます。
工事現場には灰色のカーテンのようなものが用意されており、線路脇には太い配線が複雑に敷かれています。

一体型の架線柱と人道橋
架線柱は直通線用・本線用のものが合わさった一体型。
奥に見える歩道橋は、前の記事で歩いていた西谷跨線人道橋です。

その他

ホーム補強工事が行われた3番線
2・3番線の様子。3番線に横浜行きが到着しているところ。

4番線側にも緑色のフェンスが並んでいるほか、ホームの補強工事も行われていることがうかがえます。

フェンス越しのパイプに支えられるベンチ
直通線工事には関係ありませんが、2番のりばのベンチ。

フェンスに穴が開けられており、そこからパイプを通してベンチを支えているようです。
どういう理由かは分かりませんが、他のベンチもそのような取り付け方になっていました。

階段から見下ろした1番線の線路とホーム
1・2番ホームから改札階へ上がる階段の途中から撮影。
1番線の線路の他、ホームの様子もよく分かります。黄色い点字タイルはまだ敷かれていません。