東海道・山陽三十五次(はてな)

鉄道写真撮ったりウソ電作ったりイラスト描いたりするブログです。

3/9 [2]:上野東京ライン最長列車「1586E」に乗りに行く【国府津→横浜】

前回:熱海 → 国府津
目次はこちら

[2] 国府津 → 横浜

住宅街と海
12:05、国府津発車。車内放送により東京までの主要駅到着時刻が案内されます。
海の近くの住宅街って素敵ですねぇ。

平塚駅のホーム
12:20、平塚に到着。特別快速(湘南新宿ライン)の待ち合わせが入るため4分停車。
2階席に座ると駅構内での目線の高さが楽しいです。

鰺の押寿し
小田原駅付近で封を開け始めた鰺の押寿しですが、平塚停車後にようやく食べ始めました。おいしいです。

相模川
平塚を発車し、相模川を通過。

藤沢駅のホームと小田急
12:33、藤沢到着。ブルーの帯がデザインされた小田急の電車が見えます。

工場と畑
この辺りでは工場や農園が散見されます。

鎌倉車両センター
鎌倉車両センター脇を通過。横須賀線用のE217系E259系のほか、横浜線E233系も停まっています。

鎌倉踏切
貨物線の有名撮影地である鎌倉踏切。この時は撮り鉄らしき人はいませんでした。

保線基地
モノレールの線路とバスターミナル
駅ビル・ルミネ
保線基地脇を抜け、湘南モノレールの線路とバスターミナルを眺め、見慣れたまち・大船に到着。

185系の屋根肩付近
向かい側の3番のりばに特急「踊り子」が停車していました。
185系の屋根付近がよく見えます。ストライプの塗装部分がちょうど僕の座席の目の前に来ました。

大船駅ホームの詰所
大船発車。5・6番のりばだけ、他のホームより少し北側にズレた位置にあります。

笠間跨線橋
笠間跨線橋下を通過。

笠間ポンプ場脇
短絡線の高架
横浜市の笠間ポンプ場脇を通過し、根岸線と別れます。
コンテナの奥に見えている高架は根岸線そのものではなく、東海道貨物線根岸線とを繋ぐ短絡線です。

横須賀上り線の高架
短絡線が見えなくなると、横須賀線のうち上り線が高架に変わりました。
ここで横須賀上り線は東海道旅客線を跨いでレーンを移し、戸塚駅東海道線横須賀線同士の対面乗り換えを可能にしています。

戸塚駅のホーム端
12:43、戸塚到着。
再開発絡みで建てられた歩道橋が見えます。ホーム端から数mほど離れた部分には、2015年夏頃まで踏切がありました。

横須賀下り線の高架
今度は横須賀線の下り線が高架に変わりました。
この下り線も東海道旅客線を跨ぎ、横須賀線が上下線ともに東海道旅客線の西隣に移動します。

横浜のビル群と運河
横浜の街が見えてきました。先ほどまで見えていた建物群とは高さと迫力がまるで違います。
渡っているのは帷子川。隣に見えている鉄橋はJR関係の車の移動に使われているのでしょうか。

東横線の廃線跡
東急東横線廃線跡。橋脚と橋桁がいまだに残っています。