東海道・山陽三十五次(はてな)

鉄道写真撮ったりウソ電作ったりイラスト描いたりするブログです。

3/9 [1]:上野東京ライン最長列車「1586E」に乗りに行く【熱海→国府津】

JRダイヤ改正日が迫る3月初め、既に「青春18きっぷ」の利用シーズンにも入っています。
今季はどこへ行こうか、と考えつつ改正版時刻表をぱらぱらめくっていた時、ふと「上野東京ラインの最長列車に乗ってみるのもいいかもしれない」と思い立ち、東海道線のページを開きます。

2018年3月改正の時点では、走行距離268.1km、東海道線熱海から宇都宮線黒磯までを1本で結ぶ最長列車は、

  • 【1586E】熱海11:32発~黒磯16:17着
  • 【1644E】熱海18:53発~黒磯23:39着
  • 【1545E】黒磯6:52発~熱海11:32着 (土休日のみ)

の3本が存在していました。

しかし、改正版時刻表によると、このうちの「1586E」が途中の宇都宮止まりに短縮されてしまっていました。
「1644E」と「1545E」は存続していましたが、前者は夜間走行のため車窓が見えず、後者は黒磯に前泊していないと厳しい時間です。

それならぜひ「1586E」があるうちに乗り通しておきたい…ということで、18きっぷ5回分のうち1回目はこの列車の乗車に充てることにしました。
乗車時間は4時間45分。その乗車中の話を書こうとすると、かなり長めの記事になると思いますので、何ページかに分割して書いていこうと思います。

[1] 熱海 → 国府津

切り離し作業中の特急踊り子
乗車券・特急券を別途購入し、特急踊り子号で熱海駅へ。

踊り子号伊豆急下田行き・修善寺行きの切り離し作業を見たり、キンメ電車や伊豆急8000系を撮影したり…とのんびりしていると、気付いたときには東京方面ホームは静岡方面からの乗り継ぎ客でいっぱい。

自分も18きっぷを使うはずなのに、今日が青春18きっぷ利用期間中であることをすっかり失念しておりました。

慌てて乗車列に並んだため、熱海駅特有の発車標が撮影できませんでした。撮っておきたかったなぁ…

車窓から見える相模湾
11:27に接近放送が流れ、11:28に入線。
4号車・サロE230の2階席へ。座席はもちろん海側。乗車率は始発時点で4~5割ほど。

熱海発車後すぐに検札係のアテンダントさんが来たので、黒磯までのグリーン券を車内購入。
駅より260円高い料金にはなるのですが、列車番号が入った車内補充券がほしかったのでこれでよし。

今回使用した熱海~黒磯のグリーン券(車内補充券)
印字は薄いですが、列車番号入りの「熱海→黒磯」グリーン券が手に入りました。

根府川駅と海
11:47、根府川駅に到着。ホームの向こう側に海が見えます。

伊豆クレイルとすれ違い
根府川発車直後、観光列車「伊豆クレイル」とすれ違いました。

海と柑橘系の植物
柑橘系の樹が見えます。実の黄色がよく目立つ。

並行道路と海
海が広く見えます。2階席に来てよかった。

石橋料金所付近
高速道路の石橋料金所付近。

早川駅ホーム
11:51、早川駅に到着。遠くに大きな橋が見えます。

小田原城
木々があるので分かりにくいですが、小田原城。

大船軒のビニール袋
お昼ご飯用に買った駅弁を開けます。大船軒の「鰺の押寿し」。
すっかり車窓の方に意識が向いているので、食べ始めるまでにかなり時間がかかりました。

住宅地
小田原を過ぎると、建物の数がぐんと増えました。

酒匂川
酒匂川を通過。

住宅街と海
建物がだいぶ増えましたが、まだ少し海も見えています。

国府津駅の駅舎
国府津駅に到着。御殿場線の列車はいませんでした。

編集履歴

2019-04-24 記事内目次の掲載位置を変更。
各区間へのindexを追加。
また[2]~[6]の記事冒頭にもindexへのリンクを追加しました。