東海道・山陽三十五次

鉄道写真撮ったりウソ電作ったりイラスト描いたりするブログです。

メモ:A4印刷でA6サイズ小冊子を作るためのページ指定順

Adobe Acrobatに付いている "小冊子印刷" 機能をよく使っているのですが、この機能はA4用紙への印刷の場合、A5サイズの小冊子を作る場合にしか使えません。

個人的にA5よりコンパクトなA6サイズの小冊子も作りたかったので、そのための印刷方法が無いかといろいろ試してみておりました。

その結果を記事にまとめておきたいと思います。

印刷設定

Adobe AcrobatとWord以外では試しておりませんが、1枚の用紙に4ページを割り当てる機能があるソフトなら何でも使えると思います。

前述の小冊子印刷機能は使っていません(A6サイズで作りたい場合、この機能を使わない方が早いです)。

Adobe Acrobat の場合

印刷するページ ページ指定 (別表参照)
ページサイズ処理 複数
1枚あたりのページ数 4
ページの順序
用紙の両面に印刷 長辺を綴じる

Adobe Acrobatの印刷設定画面

Microsoft Word の場合

ページ ページ指定 (別表参照)
印刷面 両面印刷(長辺を綴じる)
向き 縦方向
サイズ A4
1枚あたりのページ数 4ページ/枚

Microsoft Wordの印刷設定画面

ページ指定順

ページ数 ページ指定順
4 *1 2,3,4,1,4,1,2,3
8 6,3,8,1,4,5,2,7
12 *2 8,5,12,1,6,7,2,11,10,3,10,3,4,9,4,9
16 12,5,16,1,6,11,2,15,10,7,14,3,8,9,4,13

左綴じ冊子前提の設定です。右綴じで作りたい場合はページの指定順を入れ替える必要があります。

製本方法

印刷が完了した状態の用紙 用紙を上下に切り離している様子
印刷が完了したら、1ページ目が含まれている方の面をオモテにします。
用紙を上下に切り離して重ねます。重ね順は1ページ目が含まれる用紙が上に来るように。

製本が完了した冊子と比較用定規
製本ホチキスで綴じます。僕はMAXの "ホッチくる" を使っていますが、最近では100均でも同じ機能をもつ文具が売られているらしいです。

*1:4ページ:同じ冊子が2つできます

*2:12ページ:10・3・4・9ページ目用の用紙が1枚余分にできます